発毛の仕組み

髪の毛を無理やり抜くと丸い部分があります。
この部分が毛球と呼ばれるものでその一番下に毛母細胞というものがあります。
この細胞がんぉう際血管から栄養をもらって細胞分裂を繰り返し、成長したものが押し出されて、
髪の毛になっていきます。

 

成長因子

 

この時、
毛乳頭から、細胞成長因子のシグナルがあり、毛髪と毛包の組織に分化します。

 

髪の毛は、ケラチンという物質と、シスチンという物質でほぼ出来上がっています。
成長の時、体に悪いものがあるとき一緒に排出します。

 

誕生した髪の毛は伸び続け、いづれ抜けて、また生えます。
これをヘアサイクルといいます。

 

1つの毛穴から1本の場合もあれば2本、3本の場合もあります。
たぶん探してもなかなか4本はないでしょう。

 

発毛した髪の毛は、成長期が長いほど薄毛になりにくいです。
なお、髪の毛の太さは不当ほど抜けにくく、毛根が地肌の奥にありますね。
髪の毛によっては、頭骸骨に突き刺さっているような奥の方から生えているのもあります。